東京芸能企画関連 撮影会レポート

東京芸能企画関連




     撮影会レポートに掲載している画像は、管理人が手の空いた時間に、
     他のカメラマンの邪魔にならないように、遠慮がちに撮影しています。
     実際には、彼女達のもっと素晴らしい表情やポーズ、衣裳は他にも
     たくさんあります。
     その素晴らしさは、あなたが直接スタジオにお越しになって、
     体験なさって下さい。
     




■撮影会レポート■

2014年12月21日 開催分
(東京芸能企画主催)

モデル 八重子 (ソロ)

今回、八重子さんの2回目の撮影会を開催しました。
八重子さんの1回目の撮影会は、深夜から早朝までの「ナイト撮影会」でしたが、今回は通常の3部制の撮影会として開催しました。
最近の八重子さんは、毎週のように撮影会に出演する人気モデルです。
今回も、募集を開始してから早い段階で満員となり、改めて八重子さんの人気ぶりを実感しました。

八重子さんはとってもセクシーでキュートで、ファンの期待に応えるポーズや表情を次々と演じてくれました。
撮影したどの画像も捨てがたく、今回のレポートは、6ページ、合計133枚の大作となってしまいました。
撮影会に参加できなかった方も、八重子さんの魅力に酔いしれて下さい。







■撮影会レポート■

2014年5月23日 開催分
(東京芸能企画主催)

モデル MAAMI (ソロ)

今回、バニ向がテレビの取材を受けることになり、急遽撮影会を開催することになりました。 モデルはバニ向期待の新メンバー・MAAMIさんです。
今回は急な開催決定で、平日の夜開催ということもあり、参加者は少な目でした。 しかしその分、管理人も多くの写真を撮ることができました。 多少延長はしたものの、着替えの時間を除けば1時間足らずの間に、300カット以上も撮影してしまいました。
MAAMIさんは本当に可愛くて、どの画像も捨てがたく、選ぶのが大変でした。 それでも心を鬼にして、なんとか枚数を減らしましたが、結局 93枚の大作になってしまいました。 もう一度言いいますが、これって1時間足らずの間に撮ったんですよ。
参加できなかった方にも会場の熱気が伝わって来ると思います。







■撮影会レポート■

2013年11月29日 開催分
(東京芸能企画主催)

モデル 八重子 (ソロ)

八重子さんは2012年7月の「バニートレイン」でバニ向デビューしてから、神戸バニーオフ会や鉄子イベントなどに出演してきました。 しかし、バニ向撮影会の出演は今回が初めてとなります。
八重子さんのブログを見れば分かりますが、普段の八重子さんは地味でおとなしく、真面目な方です。
しかし、能ある鷹は爪を隠すのことわざ通り、バニーガール衣装に身を包み、カメラマンの前に立てば、 セクシーでキュートなスーパーモデルに変身してしまうのだから驚きです。
正直、管理人も、八重子さんがここまですごいとは思いませんでした。今回管理人は、今までの撮影会で最多の1000カットを撮影してしまいました。
管理人だけでなく、今回参加された方は、全員八重子さんの魅力に打ちのめされていました。
5時間という長丁場にもかかわらず、あっという間に時間が過ぎてしまい、八重子さんもほとんど休憩なしで頑張ってくれました。
自画自賛になりますが、本当に素晴らしい撮影会でした。







■撮影会レポート■

2013年4月20日 開催分
(東京芸能企画主催)

モデル 楓果 (ソロ)

新メンバー・楓果さんの撮影会を開催しました。
楓果さんはなんと、撮影会は初めての経験だそうです。こんなに美しいモデルさんを「初撮り」できるなんてラッキーです。しかもバニーで!
画像を見ていただければお分かりだと思いますが、とても撮影会が初めてとは思えないほどポーズもバッチリです。
ポーズだけでなく、ファンの方達への気遣いも行き届いており、皆さん楓果さんの魅力に打ちのめされていました。

今回は、バーや教室、病院、牢獄のセットがあるスタジオで開催しました。楓果さんは、バーのセットでは「夜の女」、 教室のセットでは「おてんばな生徒」を演じるなど、セットを最大限生かす演出をしてくれました。
撮影会初出演でここまでやれてしまう楓果さんは天才ですね。
撮影会に参加できなかった方も、楓果さんの魅力に酔いしれて下さい。







■撮影会レポート■

2012年2月26日 開催分
(東京芸能企画主催)

モデル 佐藤かおり (ソロ)

佐藤かおりさんのバニー&ハイレグ撮影会を久しぶりに開催しました。
さすが人気のモデルさんだけあって、撮影会の受付を開始してから数日で満員になりました。
前回の大隈可奈さんの撮影会の時は、Yasuka Suzuki 2011の発売開始から間がないこともあり、 旧バージョンのバニーガールコスチュームも混ざっていました。
しかし、今回は全てYasuka Suzuki 2011を用意することができました。

今までの撮影会で佐藤かおりさんが着用した旧バージョンは、佐藤かおりさん用に「胸強調バージョン」として 特注したものです。
ところが、Yasuka Suzuki 2011は元々胸を強調するデザインになっているため、そのままで佐藤かおりさんご自慢の バストが強調されました。
究極のバニーガールコスチュームを、究極のモデル・佐藤かおりさんが着用するという、 まさに究極のバニーガール撮影会になりました。

せっかくのチャンスを逃すまいと、管理人も夢中で撮影しました。 そのため撮影枚数も膨大になり、またまた撮影会レポートの更新が大幅に遅れてしまいました。
今回参加できなかった方も、画像をご覧になって、佐藤かおりさんの魅力に酔いしれて下さい。







■撮影会レポート■

2011年11月27日 開催分
(東京芸能企画主催)

モデル 大隈可奈・鈴々木保香

今年は大震災の影響や、新バージョンバニーガールコスチュームの生産で主催者が多忙だったりして、 約11か月ぶりの撮影会開催となりました。メインのモデルは新メンバーの大隈可奈さん。

ところで、今回レポートの更新に撮影会終了から1か月の時間を要してしまいました。
もちろん管理人が多忙だったのもあるのですが、最大の原因は、今回可奈さんだけで800枚以上も撮影してしまい、 画像を選ぶのに時間がかかってしまったことです。
可奈さんはため息が出るほど美しく、画像に見とれてなかなか先に進めません。 800枚全てをアップするわけには行きませんから、なんとか60枚程度に絞らないといけないのですが、 ほとんどの画像が甲乙付け難いのです。
例えばブレてしまった画像ですら、そのブレから可奈さんの躍動感が伝わって来て、候補から外すのをためらってしまうのです。

また、顔の部分を明るくするために、パソコン画面で可奈さんの顔を画面一杯に表示させると、 可奈さんの大きな目に見つめられているようで、頭がくらくらして作業が中断してしまいます。
そうこうしているうちに1か月の時間が経ってしまい、結局枚数は今までの撮影会レポートで最大、 バニーギャラリーを含めても、1度にアっプする枚数としてはバニ向史上最大の80枚となりました。

大隈可奈さんは上智大学卒で英語も堪能という才色兼備のお方で、普通であれば上流階級の人たちしか相手にしないはずです。
しかし可奈さんは神様に指図されたのかは分かりませんが、バニーガールやハイレグ衣装に身を包み、 ファンの前で大胆なポーズを披露してくれるのですから、奇跡としか言いようがありません。
11月27日の撮影会は、夢のような一日でした。







■撮影会レポート■

2010年12月26日 開催分
(東京芸能企画主催)

モデル 松井芳 (ソロ)

今回は年末恒例のクリスマススペシャル撮影会ということで、特殊セットのあるハウススタジオでの開催となりました。
都の西北早稲田の森や、リーガロイヤルホテルの目と鼻の先に位置し、外観はごく普通のオフィスビルなのですが、 内部はそのような場所、外観からは想像も付かないような非日常的なセットが用意されているのです。
画像を見ていただければお分かりですが、SMプレイルーム、ソープランド、ラブホテル、和室、コンクリートの駐車場と、 1つのビルの中でバラエティーに富んだシチュエーションで撮影できるのです。

しかしどんなに豪華なセットがあっても、場違いなモデルさんではセットを生かすことはできません。
今回のモデル・松井芳さんは、セットに合わせたポーズや表情を取ってくれたおかげで、素晴らしい作品を作ることができました。
これは単なる撮影会の域を超え、ショーを見せられているような気分でした。
松井芳さんは風邪をひいて体調が良くなかったそうですが、それを顔には出さず、途中の休憩時間もほとんど取らずに頑張ってくれました。
松井さんのプロ根性には頭が下がります。







■撮影会レポート■

2010年3月7日 開催分
(東京芸能企画主催)

モデル 松井芳・鈴々木保香

松井芳さんは、前回はハウススタジオでの開催でしたが、今回はバック紙のあるスタジオでの開催となりました。 ハウススタジオはセットの制約上、ポーズが限られますが、今回は前回の憂さを晴らすかのように、色々なポーズを取ってくれました。 松井芳さんはポーズのバリエーションも多く、また、ファンの心理をよく理解していて、ファンを満足させるポーズを次々と取ってくれます。 さすがはベテランのモデルさんで、とてもファン思いの方です。

松井芳さんは前回より少し体重が増えたということを気にしていましたが、それは醜く太ったのではなく、 体で盛り上がって欲しい所に肉が付いて、前回よりもよりセクシーで迫力のあるボディーになっていました。 そのボディーにエナメルやラメ系の衣装が張り付き、ムンムンとフェロモンを発散させていました。 管理人も仕事を忘れて夢中で撮影していました。撮影会でこれほど興奮したのは久しぶりです。

また、今回は予定ではバニー衣装を各部で2着ずつ着るだけでしたが、予定外のハイレグのレオタードも着てくれて、 久しぶりにバニー&ハイレグ撮影会が実現しました。 松井芳さんはハイレグの衣装がすごく似合う方で、今後もたくさんハイレグを着ていただきたいと思います。 まだ参加したことのない方は、次回はぜひ参加して、松井芳さんの魅力をスタジオで直接体験して下さい。







■撮影会レポート■

2009年12月20日 開催分
(東京芸能企画主催)

モデル 松井芳 (ソロ)

松井芳さん初のバニーガール撮影会を開催いたしました。また、ソロの撮影会出演は初めてだそうです。 松井さん本人も、「お客さんが1人しか来なかったらどうしよう・・・」などと心配していました。 しかし、実際には各部満員に近いお客様にお越しいただきました。松井さんの心配は杞憂でした。

それもそのはず。松井芳さんは長身でスタイル抜群、モデル系の美人顔と3拍子揃っていて、 それでいて大胆なポーズも惜しみなく披露、しかもファンに優しいという、まるで神様のような人です。 こんな素晴らしいモデルさんを、バニーファンが放っておくはずがありません。

画像を見ていただければお分かりだと思いますが、バニー撮影会初出演にもかかわらず、バニーファンが期待するポーズを次々と取ってくれて、 遂には真冬の屋外でのバニー姿も披露してくれました。また、第3部は当初水着とバニーが1着ずつの予定でしたが、 カメラマンの皆さんが水着よりもバニーの方を撮りたがっているという雰囲気を察知して、すぐにバニーに着替えて出て来てくれました。 松井さんのプロ根性とサービス精神には頭が下がります。

そんなわけで、管理人も松井芳さんの素晴らしい写真を多数撮影することができました。いつもは撮影会レポートの画像は1ページだけですが、 今回はPART1とPART2の2ページに増量してお届けします。撮影会に参加できなかった方も、松井芳さんの魅力を存分にお楽しみ下さい。







■撮影会レポート■

2008年4月29日 開催分
(東京芸能企画主催)

モデル 麻希 (ソロ)

新メンバー・麻希さんの初のバニーガール撮影会を開催いたしました。麻希さんは以前、某有名チームでレースクイーンをしていましたが、その時は前髪を下ろしていていて、幼いイメージでした。今回、バニーガール向上委員会で活躍するに当たり、イメージを一新、みごとにバニーガールの似合う大人の女性へと変身しました。

画像を見てもお分かりになると思いますが、麻希さんは、着る服装や顔の向き、見る角度によっても、雰囲気が随分と異なります。
水着のキャンペーンガールを思わせる真面目なお姉さんキャラ、夜の社交場を連想させるセクシーな大人の女、そうかと思えば、あどけない少女の一面や、アニメキャラやアキバメイドを連想させるオタク好みの顔まで、「清水ミチコ」さんも顔負けするくらい多彩な顔を持っているモデルさんです。

このように色々な顔を持っている麻希さんなので、ターゲットは幅広く、これからも多くの男性を魅了するでしょう。
また、容姿だけでなく、非常に真面目で優しく、ファン思いの子です。キャバクラ譲と変わらないような擦れたモデルが多い中、「まだこんな子がいたんだ」と感動するくらいいい子です。 まだ会っていない方も、一度会えば、必ず虜になるでしょう。







■撮影会レポート■

2007年11月18日 開催分
(東京芸能企画主催)

モデル 山田優子(ソロ)

今回は、スペシャル撮影会ということで、某イベント会社の倉庫兼ショールームを特別に使用させていただきました。
ここでは、カジノ台やネオンサイン、自由の女神などの、バニーにぴったりのシチュエーションから、お寺や神社、中国風など、本来バニーとは無縁のセットまで、幅広いシーンを一度に撮ることができるのです。

バニーガールの衣裳というのは実に不思議なもので、これらの、本来であればミスマッチなシチュエーションであっても、全く違和感が無く溶け込めてしまうのです。
朱色のバニーに白い燕尾ジャケットを羽織った姿は神社の巫女さんをイメージしたものですが、管理人自身も驚くほど鳥居とマッチしていました。
また、お寺にある本物の大仏様とバニーを一緒に撮ることはまず不可能ですが、ここではその不可能を可能にしてくれるのです。
さらに、今回はバニー以外にも、セットに合わせた人魚姫の衣裳や牛柄レオタードなども登場、盛沢山で時間が足りないくらいでした。

もちろん、これらのセットや衣裳を最大限に生かしてくれる素晴らしいモデルさんがいたからこそ、今回の撮影会が充実したものとなったのです。
写真を見ていただければお分かりだと思いますが、山田優子さんはモデルというよりは女優に近いと思います。山田優子さんが女優として、それぞれのシーンに応じた役を見事に演じたからこそ、素晴らしい作品となったのです。
これほど人を感動させてくれるモデルさんも、そういないでしょう。







■撮影会レポート■

2007年 9月17日 開催分
(東京芸能企画主催)

モデル 山田優子(ソロ)

今回、山田優子さんは、西馬込のハウススタジオ初登場でしたが、各セットのシチュエーションを最大限に生かし、バリエーション豊かな写真を撮ることができました。
特に、屋上テラスでは、9月中旬とは思えない猛暑で、夏のヒロインを思わせる健康的な水着姿を披露してくれました。
ただ単にプロポーションの良いモデルさんはたくさんいます。しかし山田優子さんの場合、それに加えて「健康美」を兼ね備えているのです。
いくらプロポーションが良くても、温室育ちのモデルさんであれば、強い太陽の光を浴びせることが、痛々しく見えることもあります。しかし、山田優子さんはフットサルの選手としても活躍しており、照り付ける太陽は、山田さんのキャラクターによくマッチしていました。
そうかと思えば、ベッドの上では、あどけない女性の微笑みを見せてくれました。山田優子さんは人なつっこい方で、ファンの方達からも慕われています。このような表情が自然に出せるのも、山田さんのキャラクターなのでしょう。
画像を見ていただければお分かりだと思いますが、他にも山田さんの本業であるイベントコンパニオンを思わせる真面目な表情や、バーカウンターでの大人の表情など、山田優子さんの魅力を十分に見せてくれました。







■撮影会レポート■

2007年 7月8日 開催分
(東京芸能企画主催)

モデル 佐藤かおり(ソロ)

佐藤かおりさんほど素晴らしいモデルさんもそういないでしょう。マリリンモンローとインリンを足したような、キュート、セクシー、そして「エロさ」という、女性の持つ魅力の全てを1人で兼ね備えている、稀に見る逸材だと思います。
それでいて、決して驕ることなく、ファンに対してのサービスは惜しみません。
今回は、6月3日に続き、ハウススタジオでの撮影でしたが、それぞれの背景に応じてポーズや表情を使い分けているのも、さずがはベテランのモデルさんです。佐藤さんは「被写体」というよりも、ショーを見せてもらっている感じです。だから撮影していて楽しいし、決して飽きないのです。
この素晴らしさを、皆さんにも味わっていただきたいです。  







■撮影会レポート■

2006年12月24日 開催分
(東京芸能企画主催)

モデル 山田優子・半野紘子

 今回は、約2年ぶりの東京芸能企画主催の撮影会の開催となりました。
 また、バニー撮影会も3月以来9か月ぶりです。
 モデルはバニーガール撮影会初登場の山田優子さん、半野紘子さんのお2人です。
2人とも、バニー撮影会は初めてですが、他での撮影会出演経験は豊富で、ファンの皆さんの心を掴むポージングやサービスはさすがです。
 また、半野紘子さんは、当社撮影会伝統のハイレグにも挑戦してくれて、すらっとした足にハイレグが良く似合っていました。
 衣裳も、身長の高い山田優子さん用にバニーを2着新調、ハイレグレオタードも、クリスマスらしいデザインの衣裳を今回のために新調しました。
 今回はバニー撮影会が久々の開催ということもあり、大勢のカメラマンのご来場をいただきました。モデルさんもそれに応えようとサービスしてくれていたので、カメラマンの皆さんの熱気も最高潮。
 「撮影会レポート」に掲載している画像は、私(管理人)が、手の空いた時間に、他のカメラマンの邪魔にならないように遠慮がちに撮影しています。
今回は、カメラマンの皆さんの熱気に圧倒され、多くの枚数を撮影することができませんでした。(そのために、ほとんど目線が来ていません)
 実際には、彼女達のもっと素晴らしい表情やポーズ、衣裳はたくさんあります。私自身も、お金を払ってお客として参加したいです。
 その素晴らしさは、あなたが直接スタジオにお越しになって体験なさって下さい。







■撮影会レポート■

2006年 3月12日 開催分
(フェニックス主催)

モデル AYAMI・森多このみ

 今回AYAMIちゃんはバニー撮影会4回目、森多このみちゃんは3回目の出演となり、表情やポーズにもかなりの余裕が見られました。
 今回はバニーの新作は無かったのですが、森多このみちゃんの燕尾服+シルクハット姿が初お披露目されました。「タキシード向上委員会」でも活躍しているこのみちゃんにとっては得意分野の衣裳だったようで、画像をご覧の通り、自信に満ちあふれた表情をしていました。
 また、AYAMIちゃんは、今では手に入りにくいリゾートタイプのワンピース水着姿を披露、他にもセーラー服に眼鏡姿など、18歳の若さとは思えないサービス精神旺盛な活躍で、ファンの期待に応えていました。
 なお、「撮影会レポート」に掲載している画像は、私(管理人)が、手の空いた時間に、他のカメラマンの邪魔にならないように遠慮がちに撮影しています。実際には、彼女達のもっと素晴らしい表情やポーズはたくさんあります。その素晴らしさは、あなたが直接スタジオにお越しになって体験なさって下さい。







■撮影会レポート■

2005年 7月23日 開催分
(フェニックス主催)

モデル 末永かおり・AYAMI

 この日は、バニーガール向上委員会新メンバー、AYAMIちゃんが、撮影会で初めてバニーになりました。また、当撮影会伝統の、ハイレグ水着姿も披露してくれました。さらに、最近流行の「萌え」系ウエイトレス姿もあり、18歳の若さにもかかわらず、ファンに対するサービス精神は非常に旺盛でした。
一方のかおりんは、自慢のナイスバディーに張り付くような超ハイレグレオタードを、生足で着用。大人の女を見せ付けました。
この日は、撮影会初公開のレインボーバニーや、イエローバニーが登場し、しかも1部につきバニー2着(2人で4着)が撮影できるとあって、カメラマンのみなさんも、スタジオを行ったり来たりと大変忙しそうでした。この日は第3部開催中に地震が発生しましたが、皆さんそれに動じることなく、撮影に没頭されていました。






■撮影会レポート■

2004年11月21日 開催分
(フェニックス主催)

モデル 千子・鈴々木保香










2001年から2004年10月開催分の公開は終了しました。





INFORMATIONに戻る